社会科学概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数388
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『市民社会の成立と社会科学の成立の関連について論ぜよ。』
     市民社会の成立は、市民の社会への関心から始まると言える。実際に日々身近に起こる様々な問題、特に死活問題については、市民は関心を持たざるを得ない状況となる。その状況とは何か。その要因として、大きく分けて三つ挙げることができる。
     まず一つ目に、体制と体制の対立が挙げられる。
    歴史をさかのぼってみると、封建体制から資本主義体制、社会主義体制へ移り変わるに従い、資本主義、社会主義の対立が必然的に起こり、それが世界の政治・経済状況に多大な影響を及ぼすようになり、市民の思想の混乱を招いてきたことがわかる。
     資本主義体制(資本が支配する体制)においては、利潤の追求は自由であるがため、激しい利害競争を引き起こし、市民の生活への不安は免れない。そこに社会主義体制(労働が支配する体制)が必然的に現れた。
    この体制の対立は、実際に一国を分割したり、戦争へ発展したりと、市民の大きな不安材料となり、今日まで続いている重要な問題点である。
     そして二つ目に、階級と階級の対立も挙げられる。
    封建体制では、階級と身分が固く結びついていて、素性
    ・顔・格..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。