日大 通信 マーケティング論分冊2(販売促進について)A評価、参考資料情報付

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数953
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    販売促進は、通常、販売諸活動に関する積極化、合理化、能率化のための諸手段として見做されており、マーケティングにおいて極めて重要な機能の一領域を構成している。この販売促進に関する定義、概念規定については広狭二義に解されているが、狭義に解した販売促進は「人的販売、広告活動、パブリシティなどを除いたマーケティング諸活動のことであり、消費者の購買や販売業者の効率性を刺激するような陳列、展示、展示会、実演、その他定式過程のようには繰り返して行われることがない販売諸努力である」と規定している。そして、狭義の販売促進は広義の販売促進の一領域を構成するものであり、主要な機能を遂行するものであるが、販売促進のための諸活動およびその方法は実際的な側面において広義に取り扱われるものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     販売促進は、通常、販売諸活動に関する積極化、合理化、能率化のための諸手段として見做されており、マーケティングにおいて極めて重要な機能の一領域を構成している。この販売促進に関する定義、概念規定については広狭二義に解されているが、狭義に解した販売促進は「人的販売、広告活動、パブリシティなどを除いたマーケティング諸活動のことであり、消費者の購買や販売業者の効率性を刺激するような陳列、展示、展示会、実演、その他定式過程のようには繰り返して行われることがない販売諸努力である」と規定している。そして、狭義の販売促進は広義の販売促進の一領域を構成するものであり、主要な機能を遂行するものであるが、販売促進のための諸活動およびその方法は実際的な側面において広義に取り扱われるものである。通常、狭義販売促進の体系は、その働きかけの活動を行う対象という視点からして、流通業者を対象とする販売促進、消費者を対象とする販売促進、社内を対象とする販売促進に三分類することができるが、実施に際して重要なことは相互に関連性をもたせることである。
    流通業者を対象とした販売促進は、生産者に対していだく感情や意識によってその成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。