日大 通信 マーケティング論分冊1(仕入計画の意義と商品構成計画について)A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数680
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在のように消費者の行動様式が大きく変化し、競争が激しい時代において、マーケティングの必要性は今迄に増して高まっていると考えられる。なかでも仕入活動の重要度は高く、マーケティング活動全般における成否を決定づける要因でもあることから、仕入計画をする際は慎重に行わなければならない。
    仕入計画において検討すべき要素としては、最も適切な商品は何かという商品それ自体に関する選定政策の問題、さらに仕入という実際的な活動を遂行するための基本的な方針を明確化する仕入政策の問題、具体的には仕入予算の設定、仕入数量と時期の決定、仕入先の探索、売買契約の締結、仕入方法の決定等の活動があげられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在のように消費者の行動様式が大きく変化し、競争が激しい時代において、マーケティングの必要性は今迄に増して高まっていると考えられる。なかでも仕入活動の重要度は高く、マーケティング活動全般における成否を決定づける要因でもあることから、仕入計画をする際は慎重に行わなければならない。
    仕入計画において検討すべき要素としては、最も適切な商品は何かという商品それ自体に関する選定政策の問題、さらに仕入という実際的な活動を遂行するための基本的な方針を明確化する仕入政策の問題、具体的には仕入予算の設定、仕入数量と時期の決定、仕入先の探索、売買契約の締結、仕入方法の決定等の活動があげられる。
    そして商品選定するうえでまず初めに実施しなければならない、商品に関する情報の収集については、「過去の販売実績、関連商品の販売記録、返品と苦情、品切伝票、販売員の意見」などの内部情報と「顧客調査、他社の動向、業界紙、仕入先情報」などの外部情報があるが、内部情報は主に過去における消費者の購買行動一連の結果であるのに対して、外部情報は現在の市場動向を把握する為の指標となる。
    そして商品選定と併せて考えなければならないのが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。