学歴社会とは何かをあきらかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数423
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ※課題5 学歴社会とは何か、それに伴う影響についても現代社会に触れて述べよ。
    まず学歴社会とは、社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が大きな比重を占める社会のことを言う。たとえば、日本で医師を目指すためには、義務教育のあとに高等学校を卒業し、その後大学医学部を卒業し、国家資格を取得しなければならない。また、就職活動においても、偏差値の高い大学を出る人間ほど安定したよい企業に採用されやすく、さらに高卒と大卒とでは初任給が異なっていることは多々あることである。このように、学歴がその人の地位に大きく関わっている社会が学歴社会である。
    このような例を挙げるまでもなく、日本は学歴社会といわれているが、一体、学歴社会の到来によって何がもたらされただろうか。日本では高度経済成長期に学歴社会の波が押し寄せ、よい学校を卒業した肩書きを持つ人間が優先的によい企業に採用される風潮が起こった。ここにおいて、高学歴であることが一元的によいものであると世間的にも考えられたのであった。
    日本の特徴として、学歴について個人の学力や何を学んだかを問うのではなく、一律にどの大学に入ったかを問題として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。