課題1アメリカ合衆国における最近の人口移動現象を要約し

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数553
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    アメリカ地誌学教師

    代表キーワード

    地誌学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※課題1 アメリカ合衆国における最近の人口移動現象を要約し、移動の背景を説明しなさい。
     
     まず最初に2000年現在アメリカ合衆国の人口、2億人8140万人のうち80%にあたる2億2600万人が大都市圏に移住している。都市人口は1940年代に急激に増えたが、1970年代に入るとその延びは緩やかとなり、流出に転じた。一方「フロリダ、テキサス、アリゾナ、カリフォルニア南部」などのいわゆるサンベルト地帯への人口増加がつづき、この傾向は現在でも顕著にみられる。都市部をさらに詳細にみると、大都市圏においても1940年代までは中心都市部、郊外においても人口増加したが現在では、大都市圏人口2億2600万人のうち、半分にあたる1億4072万人は大都市郊外に住んており、郊外への人口流出が続いている、人口減少が顕著にみられるのは「フィラデルフィア、デトロイト、ボルチモア、ワシントン、クリーブランド、セントルイス」等の北東部、中西部である。五大湖周辺はかつて鉄鋼・自動車工業で栄えた地域であるが、石炭や鉄鉱石の枯渇、施設の老朽化、競争力の低下によって斜陽化している。例えば、中西部エリー湖に面するオハイオ州ク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。