課題3教師カウンセラーとスクールカウンセラーにおける理論や方法とそれぞれの長所と短所と限界について考察しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数545
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※課題3 教師カウンセラーとスクールカウンセラーにおける理論や方法とそれぞれの長所と短所と限界について考察しなさい。
     まず最初に教師カウンセラーは、1つには「現職の教師が教科指導と共にカウンセリングを平行して行う方法」と2つには「校務分掌によって生活指導係になった教師がカウンセリングを行う方法」とがある。教師カウンセラーの長所としては、教科指導とカウンセリングの両方をこなすことができるという強みがあり、学習指導の側にもカウンセリングの技術が活かされている。それは、従来のように生徒に対して教師が知識を一方的に注入、伝達し、その成果を教師が一方的に評価する学習指導方法ではなく、カウンセリング技術を導入した「構成主義的な学習指導方法」である。この構成主義的な学習指導方法の基本的な考え方は「生徒に取っての新しい知識は、生徒みずから自分の潜在的知識を再構成しながら、自分自身で構成するものである」という考え方である。これはカウンセリングの基本的な考えかた、つまり「本人にとっての新しい見方、考え方、行動の仕方などは、本人がみずからの既有の見方、考え方、行動の仕方などを再構成しながら、自分自身で構成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。