課題5社会的学習理論のいう観察学習の過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,504
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験情報社会学習道徳映画問題課題行動子供

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●課題5 社会的学習理論のいう観察学習の過程について、道徳的条件づけの学習過程と比較して、その特質がわかるよう解説しなさい。
    教育心理学
     まず最初に、私達は日常生活の自然な社会的・対人的な場面においてさまざまな学習を行っているが、そうした学習は社会的学習と呼ばれる。そして、ここでは、社会的学習の中の観察学習の例として「バンデュラのモデリング理論」を見ていきたい。バンデュラによれば、人は直接経験から試行錯誤的に少しずつ学習するだけでなく、モデルを観察し、代理性の経験に基づく形で効率的に学習していることを主張する。そして、その観察学習の過程には、「注意過程・保持過程・運動再生過程・動機づけ過程」の4つの下位過程があると考えられている。まず「注意過程」においては、模範されたモデルの行動特徴に注目し、注意深く、性格にモデルを観察することが要求される。続いて、観察を取り入れた情報や行動を「保持する過程」によると、観察者はイメージや言語を用い、モデルの行動を符号化する事で、モデルを目の前にしなくても、モデルの行動を再生することが出来るようになる。そして、次に保持した情報を行動に移す「運動再生過程..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。