道徳教育②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数296
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    道徳教育通信教育

    代表キーワード

    道徳教育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の意義について述べよ
     まず、最初に道徳とは何であるか規定しておく必要がある。一般に道徳とは、ある社会において人々が善悪正邪を判断し、正しい行為をするための規範のことを言う。法律が外的な強制力を持つことに対して、道徳は人間の内面的原理として働き、人間相互の関係を規定するものであるとされる。さらに、道徳教育と言う場合には、「その社会において望ましいと考えられている価値観や価値体系に基づく意識や行動様式・生活態度の形成を目指す教育」と定義されており、その達成が意義となる。そして、道徳教育は、自然的・社会的・文化的環境との相互関係を通じて行われるべきものであるため、学校教育だけでなく、家庭ならびに社会の場で総合的に行われることが望ましい。そして、社会の要請と自発的な必要性という二面を考えていくことは道徳教育において非常に重要である。以上を踏まえた上で代表的な学者の思想について見ていきたい。
     カントによれば、教育は他律的な自然的教育と自律的な実践的教育の二つによって成り立っており、人間には自律的な教育、つまり、人間の「道徳化」が必要であるとする。カントの言う人間の道徳化の過程を見てみ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。