課題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数189
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    西洋史概論

    代表キーワード

    西洋史概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●(課題2)第一次世界大戦の終結から1934年に至るまでのドイツの状況について説明せよ。
     まず初めに、19世紀から20世紀初期にいたる十数年間、世界各地で紛争が続発した。ファショダ事件、米西戦争、義和団事件、南アフリカ戦争、日露戦争、イタリア・トルコ戦争、特に艦隊生産競争や3B政策対3C政策の対立と汎ゲルマン主義と汎スラブ主義などが挙げられ、植民地分割を巡る「ヨーロッパの火薬庫」といわれるバルカン半島問題から大戦の火種となったと考えられる。その後、ドイツは領土内のロシア軍の侵攻やマルヌの戦いで、パリを占領しようとしたがフランス軍に撃退され、国内は消耗した。さらに連合国側と対立しつづけたが、ボリシェヴィキ革命で成立したソビエト政権下でのレーニンの革命外交が行われ社会状況が刻久と変化していった。ドイツがルーデンドルフの軍事独裁下で、無制限潜水艦隊線を使用したがアメリカの参戦を招いただけでイギリスを打倒できなかった。そして、ロシア革命後「ブレスト=リトーフスク条約」を結んで東ヨーロッパの広大な領土を入手したが、アメリカの軍事力に同盟国側が降伏し、弱体化していった。この頃にドイツ国内で皇帝ヴ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。