絶対王政期のヨーロッパの国家と社会のあり方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数878
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    西洋史概論

    代表キーワード

    西洋史絶対王政期概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    絶対王政について
     中世の国家および社会秩序が徐々に解体を迎えていく中、16世紀ヨーロッパは絶対王政の時代へと突入していく。
    当時、イギリスやフランスの国王は絶対的な統治権力を有していたが、そのことが絶対王政たるゆえんでもあった。それ以前の中世期の王は、あくまでも封建関係の連鎖の頂点に位置するものでしかなく、封建貴族の利害調整を行うことで王権を維持していたのであった。したがって、王の支配は全国的なものと呼ぶにはほど遠く、単に封主の頂点としての位置づけが妥当なものであるといえる。一方、絶対王政期においては、国王主権論を背景に全国的に国王が国王としての権力を誇示するとともに、封建貴族を越えて人々を直接的に支配して国民的統合を図ろうとした点が特徴的であった。このように国家構造のシフトチェンジがなされた背景には、中央集権的な官僚機能と強大な常備軍、そして、民衆を精神的に束ねるための宗教政策などが強く影響していたのであった。
    ルイ14世以前のフランス
    まずは絶対王政に至るまでのフランスの歴史的経過を追ってみたい。フランスでは百年戦争を経過した後、ヴァロア朝のフランソワ1世が中央集権化を目指して税..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。