地理歴史科の学習評価について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数156
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●(課題5)地理歴史科の学習評価について
     まず最初に教育評価とは、教育の効果を価値的に捉えようとする教育活動の一部である。評価という言葉自体価値を値踏みする意味を持っているように、教育の目標がどの程度まで達成されたかを判定し、次の教育への基礎を固めようとするものである。 教育評価の目的には(①生徒の指導、②管理と運営、③調査と研究)の3種類がある。教育評価の特質は、一定の条件のもとに制限された範囲内で数量的な測量のみに依拠するテストなどの客観的な評価にとどまらず、より一層広い意味から眺め、憲法や教育基本法に宣言されている教育理想や、教育の全過程に関連づけてその価値を見ようとするものであると考えられる。また教育評価は単に正確で詳細な資料や証拠を集めるだけではなく、それらの資料を今後の教育活動にどのように活用するかについて意味づけを行ったり、解釈したりするのであると考えられる。地理歴史科の学習評価は指導目標に照らし合わせて、評価目標、評価観点、評価基準、評価場面などの設定、決定することが大切である。地理歴史科の評価目標には、「知識・理解と技能や態度・習慣」がある。その内容はそれぞれ『高等..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。