教科教育法公民 追加課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数215
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教科教育法公民 論理についての基本方針・内容構成等・指導目標について
    まず最初に、「倫理」は、公民科の目標の下、人格の形成に努める実践的意欲を高め、良識ある公民として必要な能力と態度を育てることを目指している。また併せて、青年期における自己形成の課題、及び人間としての在り方生き方について理解と思索を深めさせることも目指している。特に高校生という人間や社会について問いや悩みをもつことの多い時期、社会の価値観が多様化し物質的豊かさの中で、生きていく上でより深刻な悩みや様々な課題に直面する生徒が多くなっている。このことを踏まえ、生徒のこれらの関心や悩みに応え、人生にかかわる諸問題について探究し、自己の確立を目指すことが教育上重要な課題と考えられる。科学技術の高度な発達や情報化の進展の中、社会の急激な変化に流され、自主的な態度を失わないよう、人々には主体的に考える能力と態度が求められており、また高齢化や環境問題を受け、社会的な強制の問題や他者との共感的理解を促進することなどが重要になっている。国際化の進展によっても、これまで以上に国際社会にいきる日本人としての自覚が強くも求められている。このよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。