【教育方法学】判断と専門的知識 (2)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数229
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育教授法

    代表キーワード

    教育方法学教育教授法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育技術は判断する過程が重要であるといわれているが、その判断と専門的知識はどのような関係になっているかを説明せよ。
     まず最初に授業の設計にあたっては、時間や空間、教材や施設設備などさまざまな制約が存在するが、こうした条件下で教育目標を実現するために行われるのが授業開発と呼ばれる。授業開発を巡っては、究極的な目標は自分が設定することとなることもあり、漠然とした考えを次第に現実化していくというステップを踏むこととなる。具体的には、目的あるいは規範から、経験則を連ねながら行為を導くための推論を行うが、こうした判断過程に基づく行為が教育技術と呼ばれるものである。ここでいう経験則とは、行為についての知識が暗黙のうちに蓄積されたものを指しそれはつまり、判断が教師自身の暗黙知に基づいて行われるということを示している。よって、基本的には、教育技術は個人によってさまざまな現れ方や異なった展開を見せると考えられる。
     従来は、暗黙知が重視され、校内研修をはじめとした少人数による研究会によって伝達・共有されるに留まっていたが、インターネットの発達により、情報の流通にかかる手間やコストが削減されたこともあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。