生涯教育の歴史的変遷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数687
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     それまで極めて抽象的にその必要性が主張されてきた生涯教育であったが、ポール・ラングランが1965年に提唱した生涯教育論によって、具体化されたと言える。
     彼は、諸変化の加速、人口増大、科学的知識及び技術体系の進歩、政治的挑戦、情報、余暇活動、生活モデルや諸人間関係の危機といった現代における諸潮流を挙げ、こうした要因から、生涯教育により、幼児期から高齢期までの教育の時系列的統合をなすことが必要であることを指摘した。
     その上で、生涯教育の目的として、次の五つを挙げた。一つ目は、「あるがままの人間」を育成することである。人間は、多くの構成要素から成り立っているが、現代においてそれら全てを調和的に育成することは困難になりつつあることを踏まえ、そうしたところを生涯教育によってカバーしていくことを主張したのである。
     二つ目は、「適応性」である。彼は、生涯教育の必要となった背景として種々の変化を挙げていたが、そうした変化に対応するには、生涯にわたる継続した教育が必要であるとしたのである。そして、その柔軟性を身に付けるには、知識を与えるのではなく、知識を獲得する技術を持たせることが必要であること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。