特別活動②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数168
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●「自己指導力(あるいは自己教育力)」とは何かを説明し、その能力の育成にあたってどのような指導・援助が望ましいか具体的に記述せよ
     自己指導力・自己教育力とは、自分が何をすべきか、何を学ぶべきか、ということを考え、それをもとに行動し、学んでいくことである。「自分はこのような人間になりたい」「このように変わってゆきたい」という目標設定に対して、現在自分はどのような状況にあり、どのように行動してゆけば達成することができるのであるか。そのような取組の過程を自分で評価し、再度新たな目標に向かっていくことがここでは求められる。
    そこで平成10年文部科学省の出した学習指導要領においては、生徒自らが学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる能力を育成するとともに、基礎的・基本的な内容を重視し、個性を生かす教育を目指すこととなった。これは、生徒が主体的に生きていくことができる資質や能力の育成を重視しており、表現力・行動力・創造力などを養うという「新しい学力観」に基づくものであった。しかし、今日の教育現場を見るに、そのような観点がうまくはたらいているとは言えず、改めて自己指導力・自己教育力の育成が望まれて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。