教職をとらえる視点として、教師聖職者論、教師労働者論、教師専門職論がある。それぞれ簡潔にまとめ、それぞれの論の差がどこにあるかについて述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,987
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●(課題2)教職をとらえる視点として、教師聖職者論、教師労働者論、教師専門職論がある。それぞれ簡潔にまとめ、それぞれの論の差がどこにあるのかについて述べよ。
     まず、「教師聖職者論」についてだが、これは1872年の「学制」が制定されてから、敗戦に至るまでに唱えられていた教師像であり、読んで字のごとく、教師を(聖職者)としてみなす考え方であった。1881年に発表された「小学校教員心得」では、教師の教育的能力の基本として「剛毅、忍耐、威重、懇誠、勉励等の諸徳」を要求し、教員として善良な行いをするべきであることが明記された。
    そして、1886年には(師範学校令が制定)され、師範学校出の教師が登場することとなった。当時の文部大臣は天皇制国家の忠良な臣民を育成するために、教師聖職者論に基づいて教師の位置づけをおこなったが、教師には、「知識の伝達者」であるとともに、「政治的に中立」で「子供に道徳的感化を与えうる人格の所有者であること」が求められた。また、教師は給与や労働条件について関心を持つべきでなく、献身的に教育という崇高なる使命に邁進することが求められた。こうした教師聖職者論にあっては、教師が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。