和歌形態について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数829
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ※設題1 和歌形態について具体的に述べよ。  
                                 
    まず初めに、五音と七音の句によって作られる歌を和歌といい、和歌にはさまざまな形態が存在している。それは、「長歌・片歌・旋頭歌・短歌」であると考えられる。以下、それぞれについて具体的に説明していきたい。
     まずは、「長歌」について述べる。長歌とは、五・七の句を延々と繰り返す形態をとり、最終的に七音を加えて完成させたと考えられる。(万葉集巻二)石見の国から妻に別れて来るときに、柿本人麿が謡った長歌を一部、触れておく。
     「石見の海 角の浦廻を 浦なしと 人こそみらめ(中略)・・・ 
    この歌などは、長歌の「五七、五七…五七七」の格調を表す芸術的な歌として知られている。また、長歌が読まれると、それに対して「反歌」が読まれることが慣例となっていると考えられる。反歌にも原則的な格調が存在し、五・七を二度繰り返した後に七で止める形式となっており、後に説明する短歌と同様となっている。三六歌仙の一人、柿本人麻呂の歌った「反歌」
    「石見のや 高角山の 木の際より わが振る袖

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ※設題1 和歌形態について具体的に述べよ。  
                                 R0111日本文学概説 
    まず初めに、五音と七音の句によって作られる歌を和歌といい、和歌にはさまざまな形態が存在している。それは、「長歌・片歌・旋頭歌・短歌」であると考えられる。以下、それぞれについて具体的に説明していきたい。
     まずは、「長歌」について述べる。長歌とは、五・七の句を延々と繰り返す形態をとり、最終的に七音を加えて完成させたと考えられる。(万葉集巻二)石見の国から妻に別れて来るときに、柿本人麿が謡った長歌を一部、触れておく。
     「石見の海 角の浦廻を 浦なしと 人こそみらめ(中略)・・・ 
    この歌などは、長歌の「五七、五七…五七七」の格調を表す芸術的な歌として知られている。また、長歌が読まれると、それに対して「反歌」が読まれることが慣例となっていると考えられる。反歌にも原則的な格調が存在し、五・七を二度繰り返した後に七で止める形式となっており、後に説明する短歌と同様となっている。三六歌仙の一人、柿本人麻呂の歌った「反歌」
    「石見のや 高角山の 木の際より わが振る袖..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。