日本の自然主義文学

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,216
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※設題3 日本の自然主義文学について、その特質を述べ、さらに代表的作家とその代表的作品について具体的に述べよ。             
     
    まずは、日本の自然主義文学の特質を述べる上での比較対象として、自然主義文学の発生過程についてとりあげたい。もともと自然主義文学は、19世紀フランスにおいて生じたものであった。当時の世の中は、自然科学が発達の途にあり、これまで考えられていたあらゆる常識が覆され、社会の矛盾が指摘されていた。そうした中で文学の世界では、人間をあるがままに客観視するとともに、経験的に描くことが重要であると考えられた。そして、そのためにはあらゆる美化が否定されたと考えられる。そこで、自然主義文学の先駆者となったのは「エミール・ゾラ」であった。彼の書いた『居酒屋』では、働き者の女性が幸せを勝ち取った後に、貧困・暴力・酒などの影響を受けて破滅へと追いやられていく様子が描かれている。この作品についてゾラが、「これは真実を語る作品だ」と述べているように、社会問題や人間の病理的要素を徹底的に客観視して描いた作品として、また、自然主義文学の基礎を築いた作品とし

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※設題3 日本の自然主義文学について、その特質を述べ、さらに代表的作家とその代表的作品について具体的に述べよ。             R0111 日本文学概論
     
    まずは、日本の自然主義文学の特質を述べる上での比較対象として、自然主義文学の発生過程についてとりあげたい。もともと自然主義文学は、19世紀フランスにおいて生じたものであった。当時の世の中は、自然科学が発達の途にあり、これまで考えられていたあらゆる常識が覆され、社会の矛盾が指摘されていた。そうした中で文学の世界では、人間をあるがままに客観視するとともに、経験的に描くことが重要であると考えられた。そして、そのためにはあらゆる美化が否定されたと考えられる。そこで、自然主義文学の先駆者となったのは「エミール・ゾラ」であった。彼の書いた『居酒屋』では、働き者の女性が幸せを勝ち取った後に、貧困・暴力・酒などの影響を受けて破滅へと追いやられていく様子が描かれている。この作品についてゾラが、「これは真実を語る作品だ」と述べているように、社会問題や人間の病理的要素を徹底的に客観視して描いた作品として、また、自然主義文学の基礎を築いた作品とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。