歌物語について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数958
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    和歌生活平安時代天皇特徴平安内容意味

    代表キーワード

    和歌歌物語

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※設題1 歌物語について、代表的な作品をあげて具体的に述べよ。
     まず最初に、歌物語で代表的なものに「伊勢物語」が挙げられる。成立時期に諸説があるが、おおむね(平安時代初期)だとされる。その一部に、「万葉集」の「左注」や、「古今和歌集」などにみられるような、和歌の「詞書」に記された出来事と関係がある考えられる。「古今和歌集」と重複する和歌と、「古今集」の詞書を改変したと考えられる賞段や、隣接する和歌同士を配列した部分も見られる。他にも、「伊勢物語」の主人公が在原業平と呼ばれる事はなく、面影ある、あるいは、らしき男と言い表したと考えられる。各章段の冒頭表現に「昔、男・・」と始まり、主人公の男が己の思いを詠みあげた(独詠歌)と、他者と詠み交わした(贈答歌)が格段落の中核をなすと考えられる。次に、内容であるが、各話は、業平と関わらないような田舎人を主人公とする話「筒井筒」なども含まれており、男女の恋愛を中心に、親子愛、主従愛、友情、社交生活の様子が伺えられる。また、主人公を関わる登場人物に匿名の「女」や「人」であることが多いため、単に在原業平の物語であるばかりでなく、普遍的な人間関係の諸相を..

    コメント1件

    zbf32097 販売
    とある、試験問題の、あくまで参考にと提供します。ご自身で勉強されたうえ資料としてお使い下さい。
    2009/09/29 23:07 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。