営業の自由に対する規制とその合憲性の審査を考察する

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数273
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※課題 1 営業の自由に対する規制とその合憲性の審査を考察する。
    まず最初に。問題の所在として、憲法によって保障されている「営業の自由」であるが、さまざまな場面で規制が必要とされる場合がある。しかし、その規制は「営業の自由」を保障している憲法に違反するものではないかという問題が提起される。
    つまり、営業の自由とは「営業の自由」とは、憲法第22条1項で[何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。]と記されている「職業選択の自由」に含まれる。それは職業選択の自由が保障されていても、選択した職業を自由に従事すること(=職業遂行)が認められなければ、意味がなくなってしまうからであると考えられる。次に営業の自由に対する規制について考える。まずは、営業の自由に対する規制は大きく2つに大別することができる。1つは「職業選択」の規制である。これはある職業への新規参入それ自体を阻む、またはその職業への参入を不可能にするような規制である。代表的な規制方式は以下に次のようなものがあると考えられる。「登録制」…開業のために行政機関の公簿への登録を義務づける。(例:電気通信事業、旅..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。