表現の自由と刑法175条

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数312
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題1)表現の自由及び刑法におけるわいせつの根拠について
    まず初めに条文上の定義から説明する。憲法21条1項には「…言論、出版その他の一切の表現の自由は、これを保障する。」また、2項には「検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」とあるように、憲法21条は、あらゆる表現
    の自由を保障し、公権力による表現活動の妨害や干渉を禁止するものである。これは国民の基本的人権のなかでもとくに重要とされる。この表現の自由が保障されるのは、以下にあげる3つの根拠ガが得られる。 すなわち憲法21条の保障する表現の自由は、民主主義国家の政治基盤をなし、国民の基本的人権のうちでもとりわけ重要なものであり、法律によってもみだりに制限することができないものである。」とし、合憲限定解釈を用いて猿払事件での判決でも述べられているように、表現の自由により政治的な意見表明の
    自由が保障されることは、国民主権に直結する民主主義の生命線とも言えるものである。
     第二に、多種多様な意見が自由に発表され、活発な議論の場が保障されることではじめて真実を獲得することができるという、「思想の自由市場」とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。