文書管理規程

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数4,090
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    文 書 管 理 規 程
    第1条(目的)
      この規程は、文書保存と廃棄処分を適切に行い、事務の合理的運営に資すること
    を目的とする。
    第2条(適用文書の範囲)
      この規程の適用を受ける文書および帳票は、主務官庁関係書類、諸規程、禀議書、
    議事録、往復文書、通知書、調書、報告書、契約書、証拠書類、参考書類、帳簿、伝票、磁気データ、コンピューターの記憶媒体、フィルム、ビデオテープ、録音テープ、その他会社業務に必要な一切の記録で、一定期間の保存を要するものをいう。
    第3条(私有禁止)
      文書は全て会社組織内で管理するものとし、私有してはならない。
    第4条(文書の主管)
      文書の主管部署は、総務部とする。
    第5条(文書の保存および処分の原則)
      各部室では、部室長の指名により文書取扱担当者を定め、その者は各部室の文書
    につき整理、保管、保存及び廃棄の事務をこの規程の定めるところにより行う。但し、現に使用中の文書の整理、保管は所管部署の各事務担当者が行なう。
    第6条(文書の保存期間の区分と期間の計算)
      文書の保存期間は法令その他特別に定めのあるときのほか、帳簿はその閉鎖の時、
    その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。