監査役監査基準

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数4,115
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    監査役監査基準
    第1条(目的)
      本基準は監査役の職務を執行するための行動基準を定めるものである。監査役はその職務の重要性に鑑み、本基準に即して行動するものとする。
    第2条(基本理念)
      監査役は独立した監査機関として会社の健全な経営に資し、社会的信頼の向上に努めるとともに、コーポレート・ガバナンスに配慮し、的確にその職務を遂行しなければならない。
    第3条(監査役の兼任禁止)
    1. 監査役は会社又は子会社の取締役又は使用人を兼ねてはならない。
    2. 監査役が前項以外の会社又は法人の取締役もしくは監査役その他これに準ずる使用人を兼ねる場合には、監査役会並びに取締役会の了承を得るものとする。
    第4条(監査役の心構え)
      監査役はその職務を行うに当り、次の事項に留意しなければならない。
      (1) 経営全般の見地から経営課題についての認識を深め、経営状況の推移と
    企業をめぐる環境の変化を把握するよう努めること。
      (2) 会社経営に関する内部統制の状況及びその有効性に留意すること。
      (3) 業務の実態を正確に把握するため、情報の収集に努めること。
      (4) 事実の確認及び合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。