稟議規程

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数6,022
ダウンロード数49
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    稟 議 規 程
    第1章 通則
    第1条 (目的)
      この規程は、会社における稟議事項の基準および稟議の手続きを定め、業務の適正で円滑な処理をはかることを目的とする。
    第2条 (定義)
      1.この規程で稟議とは、管理職が主管業務のうち自己の権限を超える事項およ
    び重要な事項の実施について、会議によらず、関係者および上司ならびに社長の決裁を受けることをいう。
      2.管理職とは、課長以上の役職にある者をいう。
    第3条 (稟議の原則)
      1.稟議は、すべて事前に手続きを取らなければならない。緊急やむを得ない場
    合で、手続きが事後となるときは、口頭または略式の文書により、事前に上司および社長の承認を得るものとする。
      2.稟議書は他の文書に対し、常に優先して取扱い、遅滞なく決裁処理しなけれ
    ばならない。
    第2章 稟議事項
    第4条 (稟議事項)
      稟議しなければならない事項の基準については、別表に定める。
    第5条 (修正稟議)
      1.承認された稟議時効につき内容または計画に、重要な修正を加える場合は、
    その都度速やかに修正稟議をしなければならない。
      2.稟議書の修正は、起案部門の承..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。