佛教大学 S0528 道徳教育の研究 リポート A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数527
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ』
     1996年7月に出された第15期中央教育審議会第一次答申は、時代を超えて変わらない価値あるものを大切にするとともに、社会の変化に的確かつ迅速に対応する教育を実現するために、「生きる力」の育成という新しい教育の目的を提示した。そこで子どもたちを取り巻く現状において、社会の変化や地域・家庭の状況の変化に伴い「ゆとりのない生活」「社会性の不足や倫理感の問題」「自立の遅れ」を指摘し、学校生活においても「いじめ」「登校拒否」「自殺」など憂慮すべき状態が発生していることを指摘した。よって、このような事態に対処するために従来の学校教育の方針である「知識偏重の教育」から脱却し、新たな教育方針を提示する必要があった。そこで新たに提示されたのが生徒児童における「生きる力」の育成である。
     中教審第一次答申には、新学習指導要領の基本的なねらいは「生きる力」の育成であり、「生きる力」を「知の側面から」からとらえた「確かな学力」育成のための取り組みを充実するよう、求めた。それゆえに、「生きる力」は(「確かな学力」=知)と(「豊かな人間性」=徳)と(「健康・体力」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。