佛教大学 S0106 教育社会学  リポート 設題1 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数418
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べてください。』
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。そこで、重要なことは、学歴社会が、ただ単に教育を重視する社会ではない、ということである。それは、学歴社会には、一方では国民の精神的、知的統合や識字率の向上など文化的基盤を整備する役割を果たし、他方では多方面にわたるリーダーを質量ともに安定的に供給する役割があるからである。つまり、当該社会の社会的(文化的)・職業的地位を決める主たる基準のひとつが学歴とされ、より効率的な人材養成・登用システムが学歴社会・主義と考えられているからである。これは次にあげる、学歴に対する様々な評価によって、より詳しく見ることができる。
    漠然とした社会的評価・・・これは、大企業への就職率、偏差値、国家公務員試験合格率、国家試験合格者、大企業社長輩出率なでによってはかられる。ある程度共有される大きな枠組みの中で評価させるもの。しかし、地域差や自分の専攻分野による違いや、性別..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。