総合演習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数442
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「環境教育の歴史と意義について述べなさい」
    環境教育とは、環境問題を教育によって解決するための教育である。
    「環境教育」という言葉は、1948年の国際自然保護連合(IUCN)の設立総会で初めて使われ、認識されるようになった。このとき環境教育は、自然環境の中で行われるものと言われていた。そして1962年、農薬などの薬物の影響について書かれた『沈黙の春』が出版され、これをきっかけに世界中で環境運動が起こるようになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「環境教育の歴史と意義について述べなさい」
    環境教育とは、環境問題を教育によって解決するための教育である。
    「環境教育」という言葉は、1948年の国際自然保護連合(IUCN)の設立総会で初めて使われ、認識されるようになった。このとき環境教育は、自然環境の中で行われるものと言われていた。そして1962年、農薬などの薬物の影響について書かれた『沈黙の春』が出版され、これをきっかけに世界中で環境運動が起こるようになる。
    1970年、アメリカ環境教育法が制定され、環境教育は、環境問題についての理解を求めることであるとされた。しかし、1972年にストックホルムで開かれた国連人間環境会議では、環境問題を解..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。