家庭科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,202
ダウンロード数27
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※自分自身の経験をもとに書いているので、参考にならない場合もあるかもしれません。
    (1)新しい小学校学習指導要領家庭科の示す「内容」のすべての項目を転記し、各項目について、自分自身が達成できているかを4段階で自己評価しなさい。

    (2)(1)の評価、およびこれまで受けてきた家庭科の授業を振り返り、さらに新学習指導要領家庭科の「目標」を理解した上で、小学校家庭科教育のあり方について考えを述べなさい。
     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ※自分自身の経験をもとに書いているので、参考にならない場合もあるかもしれません。
    (1)新しい小学校学習指導要領家庭科の示す「内容」のすべての項目を転記し、各項目について、自分自身が達成できているかを4段階で自己評価しなさい。
     
    A 家庭生活と家族
    B 日常の食事と調理の基礎
    C 快適な衣服と住まい
    D 身近な消費生活と環境
    ※注意※ 指導要領の詳細は、削除してあります。
    それぞれの項目を4段階で自分なりの評価をして、   大きなまとまりごとに簡単な評価の説明を入れました。
    (2)(1)の評価、およびこれまで受けてきた家庭科の授業を振り返り、さらに新学習指導要領家庭科の「目標」を理解した上で、小学校家庭科教育のあり方について考えを述べなさい。
     私が今まで受けてきた家庭科の授業は、実生活において役に立つことばかりであった。それをとくに実感したのは、大学生活で1人暮らしを始めたときである。強く印象に残っているのは、やはり実習の時間である。実習の時間は、調理実習、ナップサックやエプロン作り、掃除の仕方などがあったが、それら全てが1人暮らしの際、役に立ったと思う。そして、知識の部分の授業内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。