人間運動学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数404
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    運動課題発展ロゴ

    代表キーワード

    運動

    資料紹介

    人間運動学
    運動課題の発生系統
    「クロスボール」への運動の発展系統
    <発生系統の解説>
     自分は現在サッカー部に所属し、サイドハーフとしてプレーしている。サイドハーフは試合中何度もサイドを駆け上がり、またはドリブルで突破し、サイドから中央へクロスボール(ここではインフロントキックを使った山なりの浮き球を考える)をあげる。そこで今回はそのクロスボールへの運動の発展系統を考えた。
     クロスボールをあげる要素はまず二分できる。「走る」動作と「蹴る」動作だ。ここでは、「蹴る」動作をさらに「ボールに足を当てる」動作と「踏み込む」動作に分けて考

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間運動学 レポート課題1
    運動課題の発生系統
    A06-1623  A類保健体育科
    田嶋 亮
    「クロスボール」への運動の発展系統
    <発生系統の解説>
     自分は現在サッカー部に所属し、サイドハーフとしてプレーしている。サイドハーフは試合中何度もサイドを駆け上がり、またはドリブルで突破し、サイドから中央へクロスボール(ここではインフロントキックを使った山なりの浮き球を考える)をあげる。そこで今回はそのクロスボールへの運動の発展系統を考えた。
     クロスボールをあげる要素はまず二分できる。「走る」動作と「蹴る」動作だ。ここでは、「蹴る」動作をさらに「ボールに足を当てる」動作と「踏み込む」動作に分けて考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。