読書と豊かな人間性 近畿大学 通信 合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数486
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高校生は子どもと大人の中間の存在であり、心身ともに大人に向けて成長していく途中
    段階にある。そのため彼らは、時には理想と現実のギャップに悩み、他人との違いに苦し
    み、大変不安定な精神状態にある。また、学校での勉強、部活、塾での受験勉強などやら
    なければならないことがたくさんあり、読書を積極的にしている者は少ない。
     しかし、このような時期だからこそ、現実の世界と違う世界を体験したり、自分とは異
    なる価値観に出会うことができる読書は大変重要なものと考える。高校生にとっても読書
    は心の安らぎを与えるものとして働き、同時に自分を客観視するための媒介としての役割
    も持つ。
     私は一般..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。