教育カウンセリング論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数243
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     知性に焦点を合わせる教科教育を補完するものとして、情緒的側面に焦点を合わせるカ
    ウンセリングは子供の成長を促進するものとして重要な位置を占めるものである。ここで
    は始めに学校カウンセリングが必要とされている背景・要因を述べ、次に学校カウンセリ
    ングの意義及び目的、最後にカウンセラーに求められる基本的態度について述べていく。
     始めに学校カウンセリングが必要とされている理由を述べていく。学校カウンセリング
    が必要とされている理由は大きく以下の2つに分けられる。
     まず第一に、社会の変化に対応するためである。現代社会は豊かに発展する一方、急速
    に発展することにより様々な欠陥、弊害も現れてきた。例えば社会が著しく複雑になり、
    多様化したことによりそれを不安に感じ、混乱し精神的についていけない人が出てきた。
    また、都市化によるコミュニケーション不足、情報社会における情報過多という弊害、価
    値観の多様化による苦悩など様々な問題が表面化し、それに影響を受ける人も増えている。
    この影響を一番受けるのは子供たちであり、それが学業不振や、学校での人間関係の悪化、
    将来についての..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。