情報概論 分冊1 日大 合格A

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数564
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     IT化の加速により大学、ホテル、レストラン、図書館などでは常にコンピューターを通
    しインターネットにつながる状況が整えられつつある。そして、ADSLや光ファイバ通信の
    普及によりブロードバンド化が進みますます大量のデータを高速度でやり取りできる社会
    になってきている。このようにいつでもどこでもネットワークに接続できるユビキダス社
    会の到来がまさに近づいてきている。
     このような状況を踏まえインターネットを使い企業はどのようにサービスを提供してい
    るのかまた、どのような利点があるのかを述べ、その後インターネットの問題点及び危険
    性について触れ、その防御策、対処法について述べていく。
     まずはじめに企業はどのようにインターネットをサービス提供の仕組みに生かしている
    のかであるが、企業はコスト削減、業務の効率化を狙いネットワークを介し取引を行
    うことが通常となってきている。例えば電話通信料金の削減のために高速通信を利用した
    IP電話を使用する企業が増えてきた。このIP電話はインターネットと同様に距離にかかわら
    ず一定料金なので特に海外などへの長距離通話の必要性の多い企業にとってはコストの面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。