英語科教育法2 日大通信 合格A 2009年

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,050
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    クラッシェンは第二言語習得の基本的な考え方として「習得―学習仮説、自然順序性仮

    説、モニター仮説、インプット仮説、情意フィルター仮説」の5つから構成される仮説を

    提唱した。この5つの仮説はモニター・モデルと呼ばれ1970年から80年代始めにかけて第

    二言語習得の分野に大きな影響を及ぼした。ここではこの理論の長所と実際の指導におい

    てどのように関連するのかまた役立ちうるかを述べ、その後この理論の短所を他の第二習

    得理論と比較しながら述べていく。

     まずはじめに長所であるが、大きく分けて2つある。1つは第二言語習得という目に見

    えないものを比較的わかりやすい考え方を基盤にし説明していることが挙げられる。2つ

    目は理論だけでなく、言語教育(ナチュラルアプローチ)にも発展させたことが挙げられ

    る。このことは特に重要であり、他の第二言語習得理論(シューマンの文化変容モデルや

    チョムスキーの普遍文法理論など)とは違い具体的に教授法に生かされているということ

    は大きな特徴である。

     次にどのように実際の指導においてモニター・モデル理論が役立っているのかを述べて

    いく。ここでは5つの理論の中で特にイ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     クラッシェンは第二言語習得の基本的な考え方として「習得―学習仮説、自然順序性仮
    説、モニター仮説、インプット仮説、情意フィルター仮説」の5つから構成される仮説を
    提唱した。この5つの仮説はモニター・モデルと呼ばれ1970年から80年代始めにかけて第
    二言語習得の分野に大きな影響を及ぼした。ここではこの理論の長所と実際の指導におい
    てどのように関連するのかまた役立ちうるかを述べ、その後この理論の短所を他の第二習
    得理論と比較しながら述べていく。
     まずはじめに長所であるが、大きく分けて2つある。1つは第二言語習得という目に見
    えないものを比較的わかりやすい考え方を基盤にし説明していることが挙げられる。2つ
    目は理論だけでなく、言語教育(ナチュラルアプローチ)にも発展させたことが挙げられ
    る。このことは特に重要であり、他の第二言語習得理論(シューマンの文化変容モデルや
    チョムスキーの普遍文法理論など)とは違い具体的に教授法に生かされているということ
    は大きな特徴である。
     次にどのように実際の指導においてモニター・モデル理論が役立っているのかを述べて
    いく。ここでは5つの理論の中で特にイ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。