道徳教育 日大通信 合格A 2009年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数582
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    21世紀をむかえ自律、自発的な行動のできる人間を育てていくこと、すなわち「生き

    る力」の育成に教育の重点が置かれている。そして、この「生きる力」を獲得する土台

    として道徳教育の果たす役割は少なくない。

     ここでは始めに「道徳の時間」の目標、内容について述べ、その後指導方法について

    そのねらいとともに記述していく。

     始めに「道徳の時間」の目標について述べていく。ここではまず第1に計画的、発展

    的に指導することが挙げられる。ここで重要なのは生徒個々の発達の段階を見極め、そ

    れに即して道徳の価値内容について指導していくことである。また、他の教育活動との

    関連を明確にし、計画的に指導することが求められる。第2に全体で行う道徳教育を補

    充、深化、統合することである。生徒は道徳の時間中だけに道徳を学んでいるのではな

    い。日々の生活、各教科での活動においても道徳教育は行われている。道徳の時間はそ

    れらの体験、指導をより深化し、理解を助ける働きを持つ。また、生徒が道徳の持つ意

    味を内在化し、実践できるように指導していくことも目標である。第3に人間としての

    生き方についての自覚を深めることが挙げられ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     21世紀をむかえ自律、自発的な行動のできる人間を育てていくこと、すなわち「生き
    る力」の育成に教育の重点が置かれている。そして、この「生きる力」を獲得する土台
    として道徳教育の果たす役割は少なくない。
     ここでは始めに「道徳の時間」の目標、内容について述べ、その後指導方法について
    そのねらいとともに記述していく。
     始めに「道徳の時間」の目標について述べていく。ここではまず第1に計画的、発展
    的に指導することが挙げられる。ここで重要なのは生徒個々の発達の段階を見極め、そ
    れに即して道徳の価値内容について指導していくことである。また、他の教育活動との
    関連を明確にし、計画的に指導することが求められる。第2に全体で行う道徳教育を補
    充、深化、統合することである。生徒は道徳の時間中だけに道徳を学んでいるのではな
    い。日々の生活、各教科での活動においても道徳教育は行われている。道徳の時間はそ
    れらの体験、指導をより深化し、理解を助ける働きを持つ。また、生徒が道徳の持つ意
    味を内在化し、実践できるように指導していくことも目標である。第3に人間としての
    生き方についての自覚を深めることが挙げられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。