教科2、題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数141
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    言語の特徴とそれぞれが英語教育に持つ意味について
     
     言語の特徴をBrown,H.D.は8点にまとめている。
    Language is systematic and generative.
    人の言語は組織的であり次のようなレベルに分けられる。
    ①音声と音素・・・音声は無限に変化し、たえず変化するが、意味の識別に用いられる音声は限られており、これを音素と呼ぶ。例えば英語は子音24、母音7の31の音素からなる。
    ②形態素・・・音素を組み合わせて、意味のあるまとまりである形態素をつくる。単独で語をなす場合も、複数の形態素で語が形成されることもある。
    ③統語・・・語が一定の順序で配列されて、句、節、文が生成される。これを言語の創造性と呼ぶ。
    ④強勢とイントネーション・・・音調の組み合わせをイントネーションと呼び、音調の高低を組み合わせて意味の違い、感情、態度さえも伝えることが出来る。また、強勢を何処におくかで品詞が変わったり、伝える意味がかわったりする。
    【英語教育に持つ意味】
     言語運用の場面で規則を活用する練習をし、それがほとんど無意識のうちに出来るようにする。つまり基本文を暗記することは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。