P6101英米文学概論、第1設問、イギリスの小説

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数358
ダウンロード数3
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ』
     イギリスの歴史と社会
    イギリスは四方を海に囲まれた島国でありながら、完全に孤立せず、大陸の思想、制度、技術などは容易に流入することが出来た。そしてラテン文化とゲルマン文化の両方の文化を取り入れ、諸要素を結合して独自の文化を形成していく。また、島国であることが幸いし、ヨーロッパ大陸の動乱や変革からイギリスを守ったことも歴史上しばしばあり、これがこの国の温床になった。
     イギリスの17世紀は激動の時代で、とくに社会に大きな影響をあたえたのがピューリタンの精神である。エリザベス1世の死後、ジェイムズ1世はスチュアート朝を開いたが、王は王権神授論者で、議会に理解を示さず、王党派対議会派の対立は深まった。王党派は主に国教徒、議会派はピューリタンであった。これは産業資本家や商工業者として当時勢力を増してきた中産市民階級である。
    議会派はチャールズ1世による圧力を受けてきたが、清教徒革命が起こり、クロムウエルの率いる清教徒軍の勝利に帰し、共和制が宣言された。クロムウエルは航..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。