w0775 社会福祉援助技術Ⅱ①

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数531
ダウンロード数72
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「ケースマネジメント(ケアマネジメント)の目的と展開過程、ソーシャルワークとの関連について述べよ。」
    1、ケースマネジメントの目的
     日本におけるケースマネジメントは、1990年に設置された在宅介護支援センターにおいて試行的に始められ、その後2000年4月から施行された介護保険制度により「ケアマネジメント」という用語が使われ、介護予防支援や障害者自立支援法(2005年10月設立)の相談支援でも使用されるようになる。
     介護保険におけるケースマネジメントの手法は、サービスの効率的な提供とともにコストコントロールを特徴とし、公費の抑制を目的としている。しかし、コストコントロールに主眼を置いてしまうと、支給限度額の範囲でサービスをやりくりする技法に変質してしまう。介護保険をはじめとする、制度に限定されたケースマネジメントを行う場合、対象者を中心とする立場に立った専門性が重要であり、対象者の社会生活に焦点をあて、対象者自身がその生活を自己決定していく事を側面的に援助していくことである。
     ケースマネジメントの目的は、対象者が安全で安定した日常生活をより自律的に自分らしく維持できるよう支援する事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。