w0775 社会福祉援助技術Ⅱ ②

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数861
ダウンロード数87
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「ケースカンファレンスの意義、目的、方法について述べよ。」
     ケースカンファレンスとは
     事例検討会の事でケアプランを作成した後に、利用者が援助過程の中で、状態の変化や新しい課題や問題点がないか、適切な援助目標や援助計画に基づいた介護サービスが提供されているかどうかについて、実際にあった事例を用いて援助を実施するために援助に関するサービスに携わる者が集まり検討する会議の事である。現場においては、サービス担当者会議がその役割を成す事が多く、必要であればケアプランの再検討を行っている。
    ケースカンファレンスの意義と目的
    チームによる事例検討会は、対人援助の領域において、有意義なケースカンファレンスの開催が不可欠とされるが、特にスーパービジョンの実践の場として極めて重要な意味を持っていると考えられる。一つは参加メンバーが利用者に対する援助の大目標を設定し、さらにニーズを分析し援助計画を完成させること。二つめに参加メンバーが共通の援助目的と相互の役割分担を認識し、利用者に関する情報を共有し合う、これら二つの機能があり、またソーシャルワーク実践の内容であると言える。つまり前者は援助計画の作成部分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。