w0774 社会福祉援助技術②

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数698
ダウンロード数102
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     「ソーシャルワークの展開過程と、それぞれの過程に関わる知識や技術(技法)について述べよ。」
     ソーシャルワーク実践
    ソーシャルワーク実践は、クライエントのニーズを充足できるように利用者とソーシャルワーカーが協働で取り組み、問題を明確化し、その解決のためにクライエント自身とその環境に働きかける為に行われる一連の行為の積み重ねからなる援助活動の時間的な流れである。今日の複雑な社会生活ニーズに対して適切な社会資源を結びつけたり、社会資源の開発、クライエントのストレングスを見出し、クライエント自身と環境との交互作用に焦点化し働きかけるとされる。
     ソーシャルワークの展開過程
    ソーシャルワークの展開過程には、①ケースの発見、②情報収集、③アセスメント④援助計画⑤援助実施、⑥モニタリングや再評価、効果測定、⑦予防を含めた相談援助から構成され、これらは時間の経緯に伴い直線的に移行するのではなく、状況の展開とともにフィードバックされる循環的展開過程であるとされる。
     ①ケースの発見―申請者とワーカーが面接によって問題点を明確にし、ラポール(信頼関係)を築くことから始まる。これをインテーク(受理)と呼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。