w0773 相談援助の基盤と専門職 ②

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数1,078
ダウンロード数146
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     「ソーシャルワークにおける専門分化と統合化の歴史的推移とその内容について述べよ。」
     ソーシャルワークの形成過程
     ソーシャルワークの起源は、宗教的慈善が発展し福祉の原動力であったが、ここでの福祉は全ての人の最低生活を保障する社会制度としての援助ではなかった。
    1860年代、ロンドンでCOS(慈善組織協会)が設立される。COSは、自由主義、個人主義をモットーに社会改良を目的として活動し、隣人愛に基づく援助から発展し、民間の社会奉仕団体として発足された。COSはケースワークの実践に基づく理論と方法、技術を確立した。
    また、知識や財産を持つ者がスラム街に住み、社会的弱者や生活困窮者と生活し、人間的接触を通じて地域の社会福祉向上を図ったセツルメント運動が展開される。社会問題を社会科学的分析による福祉ニーズを捉え、社会制度整備につなげ、今日のグループワークとコミュニティワークに影響を与えたとされる。
    ソーシャルワークの確立期
    1910年代になると「社会診断」(1917年)の著者で「ケースワークの母」リッチモンドである。援助者個人の倫理観、経験、技術等に依存したソーシャルワークを今日の専門的・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。