w0772社会福祉調査

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数597
ダウンロード数56
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「社会福祉を学ぶ上で、なぜ社会調査の知識や素養が意味を持つのか、それぞれの意義を考えながら述べよ。」
    社会福祉としての社会科学
     社会科学とは、市野川によれば「政治経済学」と「個人主義」に対する批判として19世紀に誕生した。政治経済学とは、個人が自己利益に埋没すれば意図せざる結果としての社会全体の繁栄がもたらされるとする「交換的正義」を重視し、「全体の不可視性」を原理に特徴づけられた。これに対し、社会科学とは、「全体の可視化」を核心に、「分配的正義」や「再分配」を強調してきた。そうした、規範的要素を市野川は、社会科学に「社会的なもの」の深層を見出している。このことから、「社会福祉としての社会科学」は、社会福祉にまつわる社会現象を説明・解釈し、福祉課題ないし社会問題を生み出す社会を批判する事が求められている。
     社会調査の意義と目的
     社会調査とは、国(政府)、地方自治体、営利法人(企業)、非営利法人(学校・医療・福祉等)、個人(研究者・ジャーナリスト・市民等)やその集まり、それらいずれかの組み合わせなどが調査主体となり、調査対象にまつわる諸課題の理解、対応策の立案などを目的に、その時々..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。