児童福祉論② 済

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数335
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「近年の児童福祉政策の動向をふまえ、
    児童福祉に関する課題について論述せよ。」
     第2次大戦後の日本は貧しさと混乱の中にあり、街には戦争孤児や浮浪児などがあふれ、非行行為を繰り返すなど生活苦からの救済を必要としていた。そこで政府は、1947年すべての児童の健全な育成のための「児童福祉法」を制定した。児童福祉法は制定されてから半世紀が過ぎ、この間に少子高齢化の波が押し寄せ、共働き家庭の一般化など家庭における子育て機能の低下など、児童を取り巻く環境は大きく変動し、安心して子供を産み、育てることのできる基盤整備と対策が急務となった。1994年には「児童の権利に関する条約」が批進され、子どもの権利保障に向けたより積極的な取り組みが求められている。また、子どもへの最大の権利侵害である、子どもの虐待等の問題も深刻化しており、その対策も重要な課題となっている。さらに、国際連合による、児童の権利条約を採択し、子どもの人権の確保について具体的事項が定められ、こうした背景から児童福祉法の改正(1998年4月から施行)がされた。この改正は、子育てしやすい環境の整備を図るとともに、児童の健全育成と自立を支援す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。