児童福祉論① 済

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数390
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「わが国の児童福祉の歴史的展開について、
    子どもの権利保障の具現化という視点から論述せよ。」
     
     日本における児童福祉の歴史は、明治時代における救貧施策の一つとして政府は1871年「棄児養育米給与方」を定め、1873年には「三子出産ノ貧困者へ養育料給与方」を制定し、1974年の制定から1932年までの半世紀以上続いた「恤救規則」は13歳以下の極貧孤児に対し、1年につき米7斗を支給するという制度を盛り込んでいた。明治年間、少年保護施設や育児施設が設立され始め、代表的な育児施設は、石井十次による岡山孤児院(1887年)、民間感化院としては留岡幸助による家庭学校(1899年)があり、仏教の福田思想に基づいた施設として福田会育児院(1900年)がある。明治期は政府の法的措置の遅れをよそに、こうした民間の慈善事業が多発したが、1891年の濃尾地震や1896年の三陸津波の災害を機にさらに育児事業が発展した。この時代最も発展したのは少年の感化事業で、1908年の感化法が改正され、各都道府県に感化院設立が義務付けられ沖縄以外の全府に設立された。1918年の米騒動から大正後期にかけては、日本社会事業の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。