地域福祉論Ⅰ①

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数421
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     「地域福祉とは何か、理念と基本的概念の整理を行った上で、現状の日本における地域福祉の役割と課題について考察しなさい。」
     1 地域福祉の理念と基本概念
     社会福祉は、「住み慣れた地域社会の中で誰もが人間らしく社会の一員として自立した生活を続けることができるような状態を作っていくこと。」を基本とし、地域福祉とは、地域社会を基盤に地域住民が、主体的に地域社会の様々な生活課題に関わり、住民一人ひとりの自助、住民同士の相互扶助である共助、公的制度の控除の連携・協同によって福祉コミュニティーの構築、住民一人ひとりの生活保障を実現していくことであるとしている。この生活保障とは、日本国憲法第25条の生存権保障の実現を基礎とした、誰もがその地域で住み続けられる地域の構築と健康で文化的な最低限度の生活を地域社会の中に、個々の医師に基づいて具現化し、憲法第14条の法の下の平等、第13条の個人の尊重に則った知策が不可欠であり、公的責任の下、地域住民の相互に第12条、自由及び権利の保持責任を実践していくことが求められ、地域的生活問題で、社会的に排除された人々を受け入れ、正していくことが地域福祉の最も基本的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。