w0779 介護の基本

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数10
閲覧数405
ダウンロード数54
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「認知症高齢者と家族を支えるケアについて述べなさい。」
     認知症とは、「通常、慢性あるいは進行性の脳疾患によって生じた後天的な脳の器質的障害により、獲得した知的機能が持続的低下し、日常生活や社会生活が営めなくなった状態である」と定義されている。
     認知症の原因疾患
     認知症の原因となる主な疾患や障害には、アルツハイマー病や脳血管性認知症、レビー小体型認知症、ピック病、感染性疾患、外傷性疾患、内分泌代謝性疾患など様々なものがあるが、この中でも代表的な疾患は、アルツハイマー病と脳血管性認知症で、両者で老年期における認知症のおよそ8割を占めている。
     アルツハイマー病は、初老期(65歳以上)から老年期にかけて発症し、認知症に加えて、人格の変化や随伴精神障害を伴い、比較的緩慢に進行する認知症疾患をいう。原因不明の脳の委縮によるもので、以前は初老期に発病するアルツハイマー病と老年期に発病する老年性認知症とは別の疾患とされていたが、現在は同一疾患と考えられ、アルツハイマー病と総称して呼ばれている。
     最初に気付くのは「物忘れ」である事が多く、即時記憶・短期記憶の障害が主に顕著に表れ、病状の進行とと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。