社会福祉方法原論② 

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数997
ダウンロード数112
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     「利用者の生涯にわたる発達と地域生活を豊かなもの
    にするために、利用契約制度の下でのケアマネジメント
    の意義と役割、その方法論的な課題について論述せよ。」
     1、ケアマネジメントとは
    ケアマネジメントという用語の定義を巡っては様々あるが、1970年代のアメリカでの精神障害所のコミュニティケアを実施するために、ケースマネージャーを配置し、
    諸サービスをサービス供給機関から供給させる方法で、サービスの効果的供給を目指し、ケースマネジメントという名称で始まった。イギリスでは、1990年にコミュニケア法が制定され、ケアマネジメントが制度化された。イギリスのD.チャリスは、「脱施設化」による地域サービスの散財や利用者からのアクセスの困難性、インフォーマルな支援とフォーマルな支援を組み合わせるなど、高齢者ケアへの社会的要請を背景に登場したと指摘し、D.マクスリーは対人サービスや機会や給付の調整を促進するための利用者の立場に立つ方法であると提起し、その効果についても、①機関の範囲を超えたサービスを統合することと、②ケアの継続性を達成することである
    とした。いずれの定義もサービス調整の効果的な実践に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。