教育行財政

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数176
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育行政の基本原理について述べよ。
    1、はじめに
    教育行政とは、教育が公的に組織的に運営管理されることを指している。つまり、公的な教育は人間を支援し育成する社会的プロジェクトであり、その運営が教育行政と言える。
    具体的に言うと、現代の学校制度は、沢山の学校が国や自治体によって設置され、私立学校も沢山運営されている。すべての国民は教育を受ける権利がある。そのために学校に通う。この国家的制度を維持していくために、公的な管理・運営・財政活動が必要になる。国の組織には文部科学省、地方公共団体には教育委員会が置かれている。主に、文部科学省や教育委員会の行う活動が教育行政である。
     このことを踏まえて、教育行政の基本原理について述べていく。
    2、教育行政の基本原理について
     教育行政の基本原理は、国民の教育を受ける権利の実現と保障をすることである。そのために法の定めに従って教育政策を実行し、教育の機会均等や教育水準の維持向上を目指しながら、国民に責任を持って教育の目的を果たすために必要な条件整備を行っていくことだと考えられる。以下に、4つの視点でその基本原理をわけて述べていきたい。
    (1)「法律主..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。