①地域ボランティア論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数356
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ボランティア活動の自発性とボランティア活動を推進するNPOの関係について述べよ。
    1、はじめに
     2011年3月11日午後、地面が大きく揺れた。私は、保育園の子ども達を避難させ、親のお迎えを待っていた。東京都内は帰宅困難者が沢山出ていた。しかし、震源近くの宮城などでは、大きな津波によって沢山の人たちが被災者になった。沢山の人が、何か力になれることはないかとボランティアを申し出た。
     被災から一週間たったころ、ボランティアの受け付け場所が設けられた。そこにやってくる人たちは、自分から何かできることをしたいとやってきた人たちである。
     我子が中学の時に、学校の働きかけを受けて、ボランティア活動をした。ボランティアとは、誰かに指示されてするものではないと思っていたので、これがボランティアといえるのだろうかと疑問に思ったこともあった。しかし、障害者施設や老人介護施設のボランティアを終えて帰ってきた我子を見て、ボランティアの本来の意味を知ったように思った。「あー楽しかった。○○ちゃんがね、~っていったんだよ。嬉しくなった。」「おばあちゃんがさ、いっぱい話をしてくれた」とその様子を話すのだった。自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。