①養護原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数222
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉子ども発達社会健康保育児童施設家庭

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    施設擁護の機能と内容について述べよ
    1、はじめに
     児童養護施設に実習に行った時に「ここは、子ども達の暮らす場です。子ども達にとってお家なんです。園長たちが、お父さんとお母さんで、私たちは、お姉さん、お兄さんと呼ばれています」と職員の人が話してくれた。
     家庭環境に課題のある子ども達のための施設は、乳児院・児童養護施設・助産施設・母子生活支援施設。心身に障がいのある子ども達のために、盲ろうあ施設・肢体不自由児施設・知的障がい児施設・知的障がい者援護施設・重症心身障がい児施設・心身障がい者コロニー・進行性筋ジストロフィー症児施設・自閉症児施設。情緒・行動に課題を抱えている子ども達のための施設は、情緒障がい児短期治療施設・児童自立支援施設。そのほか一般児童のための保育所や児童厚生施設。と様々な施設がある。
     それぞれの理由があって、子ども達は入所してくる。どの施設も、子ども達が暮らす場になっている。入所してくる子ども達は、様々な家庭の事情や心身の障がいなど、大きな背景を背負って入所してくる。そして、子どもの意思で入所してくるわけではない。「普通の家庭のように…」と職員が努力をし、暖かく保育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。