①自然科学の基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数400
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    台風の発生要因とそれによる被害及び恩恵について述べよ。
    1、はじめに
     昨年の夏は、台風の発生が少ないと思っていたら、8月29日に台風6号が発生し、その近くに二つの熱帯低気圧があった。その一つが、30日には台風7号に、もう一つが、31日に台風8号になった。
     その中の台風7号は、日本に影響を及ぼす恐れがあると、新聞でも記事に取り上げられている。「台風で沖縄便欠航次々」という見出しから「気象庁によると、台風7号は31日正午現在、1時間におよそ20キロの速さで進んでいる。中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。・・・・」と強さについての説明が続く。私たちは、その進路予報図と暴風警戒域の予報円を見て、自分の地域には影響がないかと注目をする。それだけ、台風の被害が心配されている。
     ここでは、台風を含む熱帯低気圧の発生メカニズムや性質について述べ、温帯低気圧との違いについても述べていく。そして、台風の被害と共に台風が及ぼす恩恵についても調べて述べていく。
    2、台風とは
     「台風」とは、強い熱帯低気圧に対して与えられる名称で、東経100度から東経180度の間の北半球の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。